ネズミ駆除をする理由と住みにくい環境づくり

ネズミ駆除をする理由と住みにくい環境づくり

ネズミ駆除をする理由とは、まず、衛生上の問題があるためです。

噛まれると発疹や頭痛、関節痛などを引き起こし、尿によって食中毒や赤痢、チフスなどを引き起こします。

また、寄生したダニによって発疹熱、ノミによってベストや発疹熱、ツツガムシによってツツガムシ病、悪臭や騒音による不快感や不眠などがあります。



経済上にも家財や食物、農作物、造林などに影響を与え、また、配管や配線を齧ることで、ガス漏れや漏電などによって火災を引き起こし、停電も引き起こします。



ネズミを餌とする蛇やイタチ等の捕食動物の侵入の被害も引き起こします。

ネズミ駆除をして、ネズミを減らすためには、ネズミが住みにくい環境を作ることも大切です。
ネズミに餌を与えないように、食品は、容器や戸棚に入れて、ゴミも蓋が付いた容器に入れ、ペットフードや生け花なども餌となるため、気を付けることが大切です。
次に住処を与えないようにすることも大切です。

住処を与えないように、巣の材料となるティッシュや衣類、雑巾やビニール袋などを運ばれないようにし、押入れの中にある布団や衣類、段ボール等も巣の材料となるため注意が必要となります。

ネズミ駆除のためにネズミが侵入する経路も塞ぐ必要があります。

通路となる通気口や排水溝などには金網等を付けることでネズミが入り込めないようにします。



また、壁などに隙間や穴などがある場合には塞いでおくことも大切です。

扉や窓からも侵入する場合があります。

ネズミ駆除を効率的に行うためには、しっかりと対策も講じることが大切となります。