ネズミ駆除する際の注意点

ネズミ駆除する方法は、罠や粘着シート、毒餌などがあり、捕獲した際には注意が必要となります。


ネズミ駆除で捕獲したネズミが生きている場合、噛まれる恐れがあり、噛まれるとモニリホルム連鎖桿菌感染症や鼠咬症スピリルム感染症を引き起こす可能性があるので注意が必要になり、触る際にはゴム手袋やビニール手袋を着用するようにします。
万が一、噛まれてしまった場合は、流水で洗った後に傷口を消毒し、医療機関で診察するようにします。

最近気になったネズミ駆除のランキングに関してはこちらのサイトをご覧ください。

また、処分方法ですが、生きている場合は暴れないように殺す必要があり、バケツなどに水を入れ溺死させてから新聞紙などでくるみ、生ごみとして処分します。



ネズミ駆除で捕獲したネズミが死んでいる場合は、そのまま新聞紙でくるみ生ごみとして処分するのですが、死んでから日数が経過している場合は、死骸にダニや害虫などが発生する恐れがあるので、なるべく早期に処分するようにします。



また、ネズミの糞には多くのウイルスや病原体があり、人に感染する恐れがあるので、発見したら素手では触らないようにし、必ずゴム手袋やビニール手袋、マスクなどを着用し、雑巾などで拭き取った後にアルコール消毒をし、清掃が終わったら手袋やマスク、雑巾などビニール袋の中に入れて口をしっかりと結び処分します。

さらに、ネズミの糞は乾燥した状態だと風などで空気中に散布されてしまい、糞の中にあるウイルスや病原体も撒き散らす結果となりますので、発見したらネズミ駆除に関係なく除去するようにします。